01 シナリオ分析

【シナリオ分析】12/22投稿 ポンドドル のチャート分析

▼本サイトのカテゴリー

 
こんにちは!ハピケン✨です

こちらの記事ではFX、為替チャートの【シナリオ分析】として、ポンドドルのチャート分析を行っています

ポンドドルは不定期配信ですが、現在面白い位置にありますので今後のシナリオについて検討したいと思います

当サイトでは「予想はしない想定しておく」を信条に、現状の環境認識、想定される展望、シナリオの検討、トレード戦略の検討を行っています

あくまで筆者自身の勉強と反省のために書き記しているものですので、反面教師にするなり他山の石にするなりしていただければ幸いです

この記事を書いた日:2022年12月22日(水)朝
カテゴリー【シナリオ分析・ポンドドル】

ポンドドルのシナリオ分析

まず昨日の動きのおさらいです

▽1時間足

昨日水曜日(12/21)はクリスマス休暇を前に全体的に小さな動きとなりました

その中でも、ポンドの弱さが目立っていたように思います

下は各通貨の強弱を表したチャートですが、緑色のポンドが終日弱含んでいたことが見て取れるかと思います

この理由としては、世界的な景気後退が懸念される中で特に状況が悪い英国(10月後半に英国はトラス氏からスナク氏への政権交代などいろいろありましたね)のポンドが先に売られたということや、医療関係者のストライキが起こる懸念があることなどが材料視されたようです

▽シナリオ分析

日足でみると上昇トレンドに調整が入り、現在はヘッドアンドショルダーの形成過程にあります

このまま上値が重く三尊天井となれば、四半期ほど続いた上昇トレンドの終わりも意識されるかと思います

筆者的に狙っていきたいシナリオとしては図の①の三尊天井を作りながら短・中期的な下降トレンドに入っていくパターンで、仮にこのシナリオに入った場合には第5波、第7波を上手く捉えて短期での戻り売り(あまり欲張らない)を狙っていきたいと考えています

逆に②のように三尊形成が否定された場合には、スルーもしくはサッサと損切となるかと思います

また、③このままダラダラと下がっていくパターンも想定していますが、この場合は売り場なしとみなしてスルーすることになるかと思います(飛び乗りはしない主義なので)

いずれにせよ、現在は年間年始の薄商いの環境ですので、過度な期待はせずに冷静に対応したいですね

ポンドドルは不定期配信ですが、今回臨時で投稿しました

また状況が変わりましたら追加でお知らせしますので、筆者のTwitterをフォローするなどしてチェックのほどよろしくお願いいたします🍀

▼前の記事

▼次の記事

▼当サイトではFX関連の様々な情報を発信しています
 下記のボタンからご興味のあるカテゴリーをご覧ください

 
▼ブログ村ランキングについて
 上位目指して頑張りますので、よろしければ 1タップ 1クリック 後押しのほどよろしくお願いします🍀

🙇‍♂️いつも応援ありがとうございます!続けて行く力になっています!!ハピケン✨

・本記事は筆者の個人的見解を示したものです
・本サイトに掲載の全ての記事は、投資判断等に関する助言を行うものではありません
・投資を行う際は自己の判断により、自己責任で行ってください
・記事内で紹介されている企業等の意見を代表するものではありません
・本記事の内容は、商品・サービス等の仕様等について保証をするものではありません
・本記事で紹介している商品・サービスの詳細につきましては、各企業等へご確認願います
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。作成日または更新日以後に、紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます
・本記事の内容及び見解は作成日または更新日当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません
・本記事にはIB、アドセンス等のリンクが含まれます

当ブログではFXを運用する上で役立つ情報を多数紹介しています!
ぜひ、他の記事もお読みください!

FX、EA一緒に勉強しましょう!
ハピケン
FXが好きで日夜研究しています たまにアツくなって失敗することもありますが 冷静沈着、穏やかなトレードを心がけています こちらのブログではお役立ち情報をお届けしますので どうぞよろしくお願いします!!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA