01 シナリオ分析

【シナリオ分析】12/18投稿 ユーロドル のチャート分析

▼本サイトのカテゴリー

 
こんにちは!ハピケン✨です

こちらの記事ではFX、為替チャートの【シナリオ分析】として、ユーロドルのチャート分析を行っています

当サイトでは「予想はしない想定しておく」を信条に、現状の環境認識、想定される展望、シナリオの検討、トレード戦略の検討を行っています

あくまで筆者自身の勉強と反省のために書き記しているものですので、反面教師にするなり他山の石にするなりしていただければ幸いです

この記事を書いた日:2022年12月18日(日)夜
カテゴリー【シナリオ分析・ユーロドル】

ユーロドルのシナリオ分析

まず先週の動きのおさらいです

▽1時間足

先週(12/12~16)は重要指標、政策金利の発表が目白押しでした
それを受けてユーロドルも大きく上下していますね

火曜日は米国CPIが予想を下回ったことを受けてドル売り
水曜日深夜のFOMCでは予想通りの+0.50%の利上げとなりましたが、その後ややタカ派的な内容が伝わったこともあり、一時的に大きく上下しました
木曜日はFOMCのタカ派的な内容を受けてドルが買われていましたが、ECBの結果を受けて一時的にユーロが買われました。しかし、ユーロ買いが落ち着くと一転して再び下落するという流れになりました

先週は指標をきっかけに乱高下して方向感を定めるのが難しい相場となりましたが、個人的には以前から意識していた1.06を超えたことに注目しています

現在値は再び1.06をやや割り込んでいますが、ここでしっかりと下支えされればロングも検討したくなるところですね

ただし年末年始の薄商いの中、ストップを狩りに来たり、ダマし的な動きが増えることも想定されるため悩ましいところです

筆者は「個人トレーダーにとって重要なのは、これから上がるのか下がるのかの予想よりも、今が入ってよい環境なのかどうかを判断すること」だと考えています

したがって、資産運用目的の裁量トレードは年内は行わないこととしたいと思います
(ただし、大会出場や相場観維持のためのトレードは行うかもしれません)

▽シナリオ分析

日足でみると上昇トレンドの反発があったところと捉えれることができそうです

仮にトレードを行うのであれば、筆者的に狙い目のシナリオは①で1.05後半~1.06付近で下支えされて上昇トレンド継続と考えています

この場合は引き付けてロングを取りにいきたくなりますね

他のシナリオになった場合は上値の重さを感じることになるでしょうし、時期的なところも考慮してスルーするのがベターかなと思っています

なお筆者は、裁量トレードもミラートレードもEAも、年越しに向けて今週後半には全てのポジションを整理するつもりです

チャートのことは忘れて、清々しい気持ちで新年を迎えたいと思います

▼前の記事

▼次の記事

▼当サイトではFX関連の様々な情報を発信しています
 下記のボタンからご興味のあるカテゴリーをご覧ください

 
▼ブログ村ランキングについて
 上位目指して頑張りますので、よろしければ 1タップ 1クリック 後押しのほどよろしくお願いします🍀

🙇‍♂️いつも応援ありがとうございます!続けて行く力になっています!!ハピケン✨

・本記事は筆者の個人的見解を示したものです
・本サイトに掲載の全ての記事は、投資判断等に関する助言を行うものではありません
・投資を行う際は自己の判断により、自己責任で行ってください
・記事内で紹介されている企業等の意見を代表するものではありません
・本記事の内容は、商品・サービス等の仕様等について保証をするものではありません
・本記事で紹介している商品・サービスの詳細につきましては、各企業等へご確認願います
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。作成日または更新日以後に、紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます
・本記事の内容及び見解は作成日または更新日当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません
・本記事にはIB、アドセンス等のリンクが含まれます

当ブログではFXを運用する上で役立つ情報を多数紹介しています!
ぜひ、他の記事もお読みください!

FX、EA一緒に勉強しましょう!
ハピケン
FXが好きで日夜研究しています たまにアツくなって失敗することもありますが 冷静沈着、穏やかなトレードを心がけています こちらのブログではお役立ち情報をお届けしますので どうぞよろしくお願いします!!
\ Follow me /
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA